旅メモ!

徒然なるままに写真や旅行について書き綴る。

レンズな話 ~Tokina opera 50mm F1.4 FF~

買っちった。(画像略)

www.tokina.co.jp

 今年(2018年)の冬、CP+2018を目前に流星のごとくケンコー・トキナーから新シリーズレンズ第1弾として発表された標準単焦点レンズ『opera 50mm F1.4 FF』、2018年夏発売予定とのプレスリリースを見て心待ちにしてようやく手元に来ました。Tokinaのレンズだしヨド○シで予約せず買えるだろと思ったら取り寄せ扱いだったよ!しかもスタッフと私の確認不足でNikon用取り寄せてたよ!
 そんなこんなで発売当日に手に入れることには失敗しましたが、無事(?)翌日午後に入手し週末二日間を利用して試し撮りしてきました。

レンズスペックは以下の通りです。

  • 焦点距離:50mm
  • 開放F値:1.4
  • レンズ構成:9群15枚(うち異常低分散レンズ3枚、非球面レンズ1枚)
  • 絞り:9枚
  • 最短撮影距離:40cm
  • フィルター径:72mm
  • 質量:950g(EFマウント)

 手持ちレンズの中では重量級の部類に入ります。
 付属の花形フードはレンズ本体から滑らかな曲線を描いて一体化したデザインをしており近代的な雰囲気があります。Milvusに似た感じなので好き嫌いは分かれるかもしれませんが。
 あと、このフードにはPLフィルターなどを簡単に回せるようにフードに操作窓が設けられています。この操作窓を覆うカバーを外すことでフォーカスリングを回すようにフィルターを回転させることができます。ただこのカバーはスライドして外れてしまうのでうっかりすると無くしてしまいそうなのが怖いところです。


2018_10_27_004974
f/6.3 10sec ISO125
 夕方に入手したので必然的にファーストショットはYOKOHAMAの夜景になりました。
 9枚羽絞りによる光芒は派手ですね、被写体や撮りたい雰囲気によってはちょっとうるさくなってしまうかもしれませんね。そういう時は3つのK!開放、開放、開放!それでALL RIGHT!
 色の乗り方はZEISSのPlanarのようにはこってりはしていなさそうです。程よい感じで素直な色合いと言えるでしょうか。

f:id:Takumi_0331:20181029220815j:plain
f/6.3 1/200 ISO100
 逆光条件ではこんな感じになります。流石に光源の近くではフレアやゴーストのようなものが見えていますが画面全体に影響するようなことはなく逆光でも容赦なく使っていけそうです。
 またF6.3と開放から4段以上絞っていますが9枚羽のおかげかさほどボケの角張りが目立ちません。公称ではF2.0までの円形絞りを謳っているのでポートレートなどに用いる際にはボケの形は問題にならないかと思います。

f:id:Takumi_0331:20181029222315j:plain
f/2.2 1/2000 ISO100
 ほぼ1:2になるようにトリミングしてこの解像度です。まさに目から鱗が落ちるような*1解像っぷりに帰宅して現像していたところ驚き感動しました。伊達に5000万画素時代対応を謳ってない素晴らしい解像度です。


2018_10_28_005148
f/1.4 1/1000 ISO100
 お待ちかねの開放での描写です。ちょうどピントをおいたロープの結び目あたりはしっかり丁寧に描写したあと前後へなだらかにボケていくのは本当にきれいです。背後のボケもうるさくならずコレくらいの距離感だとある程度形を残しながら消えていくので撮影地の雰囲気を絡めて撮る際にも重宝しそうです。

2018_10_28_005180
2018_10_28_005221
 日没の西日の強い逆光やマジックアワー前後のタイミングでも安定して撮れるのはスナップメインの私にはありがたい限りです。

 今回は日中の写真が少なくあのトキナーブルーを確かめられていないのでまた近い内に撮影へ出掛けて確かめてみたいと思います。

*1:新約聖書 使徒行伝第9章

レンズな話 ~EF50mm F1.2L USM ~ 2ndレビュー(?)

いやぁ50mm単焦点レンズっていいものですねぇ

 キヤノンの誇る超大口径標準レンズであるEF50mm F1.2L USMを手に入れてから1年以上経ち、このレンズでの撮影枚数も十分揃ってきたので*12ndレビューしてみます。

f:id:Takumi_0331:20180826214505j:plain
京都東山 慈照寺銀閣
 f/6.3まで絞っての撮影、やはりf/4以上まで絞れば柔らかさは減ってシャープな写りになります。
 流石に10年以上前の設計によるレンズであり非球面レンズ1枚以外は特殊硝材を使っていないため最近のSIGMA Art 50mm F1.4のような等倍鑑賞に耐えられる緻密なシャープさがあるかと言われると厳しいものがあります。

f:id:Takumi_0331:20180826215815j:plain
京都 石塀小路(2017年12月撮影)
 やはり開放F1.2で少し離れたところにピント置いての風景写真における前後のボケの蕩け方はこのレンズの最大の持ち味ですね。
 拡大してみると盛大にフリンジが出ているので現像時に手動で補正しないと余計な色がエッジについてしまう弱点があるけどこういう雰囲気の場合にはそれも味になるので使いこなす楽しみになります。
 余談だがこの撮影地は今では撮影禁止になっているので二度と撮れない写真になってしまいました。

f:id:Takumi_0331:20180826220629j:plainf:id:Takumi_0331:20180826220817j:plain
京都 嵐山
 F4~5.6ぐらいの絞り値が好きなようでよく使っているようで、ボケとシャープさのバランスをとると丁度この辺りになるではないでしょうか。
 2枚目のは散り紅葉のボケがレンズによっては煩くなってしまうこともありますがこの子の場合は素直に溶けていて目が疲れるようなことがないです。

f:id:Takumi_0331:20180826221356j:plain
京都嵐山 渡月橋花灯路ライトアップ~
 8枚絞りなので素直な8条の光条が出るのですが、若干線が太く都市の夜景では少し使いにくいかな?という印象です。手持ちにはZeissのPlanar 50/f1.4も持っているのですが光条の線の太さに差を感じます。8枚絞りと9枚絞りの差でしょうか。

f:id:Takumi_0331:20180826222752j:plain
横浜山手 外交官の家
 モノクロームにするとフリンジとかがごまかせるので素晴らしいですね!おい
 もっともF1.2開放だとピント面も割とふんわりしてしまうのでシャープさが欲しいときは現像のタイミングで補正かけたほうが良いと思われます。そこ、ピント合わせる技術がないだけとか痛いところつかない

f:id:Takumi_0331:20180826225346j:plain
鎌倉 御霊神社
 Lレンズなので当然防塵防滴仕様です。雨や雪の中*2でもそこまで神経質にならなくても取り回せるというのは素晴らしいですね。ガチの防塵防滴が欲しいならPENTAXOLYMPUS使ってください

 購入してから1年以上撮影に出かけるときはほぼ毎回持ち出して使っていますがやはり他にはない開放F1.2のボケが使えるというのは遊びの幅を広げてくれるので非常に楽しいレンズです。
 一方でフリンジなどの収差が開放F値に近ければ近いほど盛大に現れたり、ピント面の薄さと柔らかすぎるとも言える写りをするので開放からシャープさを求める人にはお勧めしにくいかなというところです。
 非常に趣味性の高いレンズであるためハマる人はドハマりするけど駄目な人は全くもって受け付けない、そういう面白みのあるレンズではないでしょうか。

*1:2018年8月26日時点で8809枚

*2:温度差による結露は防滴仕様でも防げないので注意

夏な話

久しぶりのブログ更新。*1

Lightroomのlog見る限りでは一応毎週撮影には出れていたようだが撮影地がマンネリ化していて新規性のある写真がなかった。記事書くのが面倒になったとか言わない

2018_07_14_000077
2018_07_14_000073
まずは盲腸線として有名な鶴見線の終端の一つ海芝浦駅に隣接した海芝公園からの写真。
駅メモ!の鶴見線コンプのために初めて降りてみたが、本当に東芝の事業所に直結している駅とは。
純粋に夜景でも撮影しようかと思い来てみたはいいものの、それっぽい風景は大黒PAや首都高湾岸線の方からじゃないと見れなさそう……。
今回はたまたまみなとみらい地区で開かれていた花火大会を遠くから*2狙うことができたのだが、途中まで三脚使ってるのに手ぶれ補正切り忘れて誤動作してブレているという痛恨のミス。

続いては静岡は奥大井寸又峡~大井川流域。

f:id:Takumi_0331:20180820213655j:plain
いかにも夏山といった風情の山と青空に白雲
2018_07_22_000171
2018_07_22_000197
寸又峡 夢の吊橋

2018_07_22_000250
千頭 両国吊橋
2018_07_22_000307
塩郷 恋金橋
まだ本格的な夏休みシーズン前だったのかオンシーズンでは行列のできると聞いていた夢の吊橋もさして並ぶことなく渡ることができ、橋の上でカメラ構える余裕まである。
f:id:Takumi_0331:20180820214651j:plain
一度に10人が限界とのこと。結構揺れるので手ぶれ補正は無意味。
山の方だから涼しいかと期待したが、今年の酷暑は無慈悲。吊橋へ向かう途中のトンネル辺りに清水が湧き出ていてその周囲がちょっと涼しいくらい。
寸又峡温泉郷でもあるので今度はゆったりと過ごしてみたいところ。

最後はお台場の花火大会。
www.tokyohanabi.jp
2018_08_11_001061
2018_08_11_001163
2018_08_11_001165
2018_08_11_001263
歌舞伎とのコラボ花火やら子供がプログラミングしたスターマインなどもあったようですがお台場の観覧席から見たわけではないので歌舞伎とのコラボとやらはよく分からないまま。

*1:2018年6月ぶり

*2:直線距離約6km

紫陽花な話その2 ~鎌倉・長谷寺~

 また性懲りもなく鎌倉へ紫陽花を撮りに行ってきた。*1

 昨日までの予報では雨予報であったため人出が少ない&雨露に濡れた紫陽花が撮れる!と思い起床したところ見事に晴れ、我が晴天力*2恐るべし。

2018_06_07_9345
2018_06_07_9407
2018_06_07_9359
2018_06_07_9413
2018_06_07_9435
 長谷寺は平日の昼間だというのに大勢の観光客や修学旅行で賑わい、到着があと少し遅れていたら入場制限に引っかかるところだった。
 社会科見学で遠くからわざわざこの時期に来る小学生やその引率の先生は大変だろうな。

2018_06_07_9506
 肝心の(?)雨露は見事に晴れ渡る青空と太陽光線により湿気へと還元されてしまい紫陽花とのコラボは思ったようには撮れず……。
 別のタイミングがあれば雨×紫陽花にリトライしてみたい。

2018_06_07_9580
おまけ

*1:5/29以来9日ぶり

*2:何故か出かけるたびに雨が降らない

紫陽花な話 ~鎌倉・明月院~

 久し振りのブログ更新。
 九州・四国地方が梅雨入りしたとのニュースが有り、関東地方も明日からしばらく雨天が続くということを聞いて紫陽花の季節に入ったことを思いだす。
www.data.jma.go.jp


f:id:Takumi_0331:20180529221337j:plain
JR北鎌倉駅
 高校時代散々利用した北鎌倉の駅、しばらく来ないうちに色々とリニューアルされて小洒落た雰囲気に。

 連日の疲れもあって午後突撃となったが、流石に火曜日の昼下がりは観光客もさほど多くなく(ピーク前というのもあるが)特に並ぶこともなく庭園内へ。

2018_05_29_9186
2018_05_29_9190
2018_05_29_9227
 明月院といえばこのように青い紫陽花が有名、まだピーク前なのか鮮やかな青というよりは春先の空のような淡い青でありこれはこれで可愛らしく見える。

2018_05_29_9232
 撮影スポットとなっている階段とその両脇の紫陽花も人が少ないおかげて非常に撮りやすい。*1

2018_05_29_9265
 インスタスポットの丸窓もほぼ並ばずに撮影可。ここ休日とかにくるとさっきの階段登ってすぐの山門から十数mにわたっての行列ができてとても撮る気になれないんよな。

*1:開放F1.2で撮影しているためほぼ背景は溶けている

夜景な話

夜景、それは寒さとの戦いである。
f:id:Takumi_0331:20180321225111j:plain
f:id:Takumi_0331:20180321225117j:plain
比叡山は県境にあるので京都の夜景と滋賀の夜景を一度に楽しめる。
琵琶湖のあるおかげで滋賀のほうがリフレクション付きで見栄えが良い。
比叡山より大津市街を望む
ホワイトバランス調整で雰囲気を大きく変えても変にならずまた別の作品になるのも夜景の良いところ。

ヴィーナスブリッジリターンズ
問題は、夜景の綺麗なスポットは車なしではアクセスしにくい場所であったり定番デートスポットになっていて独り身では肩身が狭くなることである。

highway
手持ち撮影でも夜景耐性が付いている最近のカメラは三脚立てにくい/立てられないところからでも撮影できるので撮影の幅が広がりありがたい。

Night View KOBE
神戸大橋2
神戸大橋4
自由雲台+トラベル三脚だったので構図決めるのに時間がかかるしちょっと不安定。
ガチで撮る用の三脚を担ぐべきだった。

旅行な話 ~再びの京都・伏見編~

旅行最終日は絶好の雨天であったため伏見稲荷へ。
ただ、ホテルを出たときには良い雰囲気の細い雨だったのがJR稲荷駅を降りる頃には雨は上がってしまい単なる曇天へ……。こんなところで晴天力発揮しなくても

inari.jp
流石、トリップアドバイザーで第1位に入るほど名の知れた観光地なだけあって多種多様な国籍の観光客が集まる。

f:id:Takumi_0331:20180321212709j:plain
でも、人が入らないようにこんな写真ばかり撮ってる。

f:id:Takumi_0331:20180321213113j:plain
本殿付近は人が多すぎて上向かないと千本鳥居というより千人人山みたいになってしまう。
f:id:Takumi_0331:20180321213343j:plain
フォトジェニックインスタ映えなスポットなので自撮り待機列が出来る。

奥社~熊鷹社~三ツ辻くらいまでは結構登ってくる人が多くひとのいないタイミングを見計らって撮影するのはなかなかに難しい。
2018_03_19_4944
四ツ辻辺りまで登ってくると流石に人が減ってきて撮影しやすくなる。
f:id:Takumi_0331:20180321215102j:plain

ここまで登ってきて気がついたのだが、細々と外灯のようなものが設置されており一応は夕方~夜間も登れなくないような仕様になっているようである。
ただ、日中に歩いていても道順の情報量が少なく同じような鳥居の連なる光景が続くので確かに夜中に歩いたら方向感覚おかしくなりそうである。

2018_03_19_5002
2018_03_19_5039
こんなのどこか別のところへつながっていても何も不思議ではない雰囲気。
二枚目は時のオカリナの森の神殿のアレをイメージしてみた。斜めに傾けるのはやったことがないのでどのくらいやれば中途半端じゃなくなるかが分からない。

f:id:Takumi_0331:20180321221350j:plainf:id:Takumi_0331:20180321221606j:plain
頂上を越えて下山道へ進み奥へ奥へと行くとこういうところが所々に出てくる。ますます異界感が強くなる。
鳥居が備えられているところはこう迫りくる感じが欲しいので対角魚眼とか11~14mmくらいの超広角が欲しくなる。